ららマジ第三幕、元ネタ解説

f:id:citrus_pepper13:20180710140839j:plain

元ネタ解説、第三幕『どうにもとまらない』。

1場構成でヒントが少なく、ネタ探しが大変でした。

どうにもとまらない

第三幕は、ひかり先輩が男性恐怖症を克服するお話でした。

その気持ちが突っ走って、チューナー君をストーキングしていましたね。

 

第三幕のタイトルは、そんな感情が先走ってしまった様子を表しています。

 

え? それしか意味が無いのかって?

そんなことはありません。

第三幕の元ネタは間違いなく、『どうにもとまらない』なのですから。

 

 

山本リンダのヒット曲

『どうにもとまらない』でググると真っ先に出てきます。

ああ今夜だけ ああ今夜だけ

もうどうにもとまらない

第三幕のタイトルは山本リンダさんのヒット曲ですね。

ヒット曲ということもあり、いろんな方にカバーされています。

9mm Parabellum Bullet倖田來未米米CLUBなどの著名な方から、「どんだけ~!」でブレイクしたIKKOさんまで、バラエティーに富んでいます。

 

実は、この曲のタイトル。

最初は「恋のカーニバル」という名前でした。

 

歌詞にその名残が見られます。

恋する気分が もえて来る

真夏の一日 カーニバル

「恋」と「カーニバル」が入っていますね。

「カーニバル」といえば、リオのカーニバルです。

曲の出だしもパーカッションで始まり、リズムもサンバで、ラテン系の曲となっています。

 

その特徴から分かるように、この曲のテーマは女性の恋に対する情熱です。

 

 

第三幕の菜々美は人の恋バナに興味津々でしたね。

こんな発言もしていました。

f:id:citrus_pepper13:20180713141558j:plain

恋は!

女の子を!

強く!

美しく!

成長させるのです!

このように作中では、恋に対する情熱を意識して書いていそうです。

 

山本リンダさんの代表曲は、「どうにもとまらない」を含め3つあります。

次に紹介するのも、その1つです。

 

 

こまっちゃうナ お手紙来たけれど

舌っ足らずな口調で「こまっちゃうナ」と言うフレーズ。

文字にすると分かりにくいけど、一度聞けば思い出せるはず。

 

山本リンダの「こまっちゃう」です。

この曲が作られたきっかけとなったエピソードがあります。

それが、作詞・作曲家の遠藤さんが山本さんに会ったときの出来事です。

 

「君はボーイフレンドはいるの?」と遠藤さんが聞いたところ。

「困っちゃうな」と山本さんが答えたそうです。

 

実際に歌詞を見てみると……

一番は「こまっちゃうな デイトにさそわれて」で、

二番には「こまっちゃうな お手紙来たけれど」とあります。

 

デートに誘われ、ラブレターを受け取って、困っちゃうな。

あら? そういえば、そんな場面がありましたね。

f:id:citrus_pepper13:20180710164115j:plain

f:id:citrus_pepper13:20180715174542j:plain

手紙を受け取ったチューナー君が困ってましたね。

 

手紙は、デートの誘いでも、ラブレターでもありませんでした。

実際は、男性恐怖症の克服の手伝いでしたね。

手紙を受け取ってチューナー君が困ったのは、これが元ネタでしょう。

 

 

弓で狙いうち

ウララ ウララ ウラウラで

ウララ ウララ ウラウラよ

アニメ「ちびまる子ちゃん」で、まる子が歌っているのを聞いたことがあると思います。

 

他にも、東京六大学野球明治大学応援団が応援歌として使っていますね。

野球の応援歌として使われているのは、

タイトルの「狙いうち」が、ボールにヒットさせるのを連想させるからです。

 

 

では、この曲で狙いうちしているのは何でしょうか?

 

実際に歌詞を見てみると……

弓をきりきり 心臓めがけ

逃がさない パッと狙いうち

弓で相手のハートを狙っています。

 

f:id:citrus_pepper13:20180713140842j:plain

これはひかり先輩の武器が長弓であることにかけています。

 

山本リンダさんの代表曲を3つ紹介しました。

話が変わって、次はディスコードです。

 

 

アイアン・メイデン

特徴的な鉄球と鎖の意味

f:id:citrus_pepper13:20180713141325j:plain

第三幕のディスコード、アイアン・メイデン

両手に持った鉄球と、それらをつなぐが特徴的です。

 

鉄球と鎖と言えば  

f:id:citrus_pepper13:20180713143015p:plain
ペルソナ5*1から引用。

囚人の足枷のようなイメージがありますね。

「拘束」や「束縛」の比喩としても使われています。

 

チューナーズノート2を持っている方は、103ページの初期ラフ右上をよく見てください。

両端に鉄球の付いた鎖を首にかけています。

初期のデザインから、重要なモチーフとして使われていた証拠ですね。

 

男性恐怖症がひかり先輩の演奏を妨げる「足枷」ならば、

「鉄球と鎖」はコンプレックスの象徴と言えるでしょう。

 

 

拷問器具「アイアン・メイデン」と聖母マリア

アイアン・メイデンは和訳すると「鉄の処女」です。

中世ヨーロッパで刑罰や拷問に用いられたとされる拷問具の名ですね。

f:id:citrus_pepper13:20180713145938j:plain
wikipedia*2より引用。

高さは2メートルくらい。

中は空洞で、長い釘が内側へ突き出ています。

その釘で中に入った人を刺し、処刑するのです。

 

ディスコードのトゲトゲした肩パッドは、おそらく拷問具の釘がイメージ

 

それから、写真をよく見ると、女性の形をしていることに気付くと思います。

これは聖母マリアをかたどっているからです。

 

 

マリアつながりで漫画「まりあ・ほりっく」

まりあ†ほりっく 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

漫画『まりあ†ほりっく』とは。

ミッション系(カトリック)女学院を舞台にした、

百合趣味少女×女装ドS少年が繰り広げる超絶ハイテンション学園コメディです。

ドラマCDとアニメ化(2期まで)もされています。

 

唐突な紹介となってしまいましたが、

第三幕との関連性を示す根拠は最後に分かります。

 

 

f:id:citrus_pepper13:20180714131210p:plain

衹堂 鞠也(しどう まりや)

金髪の少女にしか見えませんが、男です。

この作品の正ヒロイン的存在ですね。

 

人望を持ち、学園のアイドルとして振舞っていますが、本性は腹黒く「ドS」。

 

双子の妹と賭けをしており、その妹と入れ替わる形で、天の妃女学院に入学しました。

弓道部に所属しています。

 

この漫画に弓道部がよく出てきます。

ひかり先輩の長弓とかけているのかもしれません。

 

 

そう言えば、チューナー君、第三幕で散々な言われようでしたね。

f:id:citrus_pepper13:20180715174827j:plain

頼りない感じ」「女々しくて」などの、男らしさを感じさせない雰囲気。

それを理由にひかり先輩の特訓に付き合っていました。

その雰囲気は「衹堂 鞠也」を参考にしています。

 

 

男性恐怖症であり、高身長であり……

f:id:citrus_pepper13:20180714134958p:plain

主人公、宮前 かなこ。

身長173cm(175cmまで伸びます)。

百合趣味で、よく妄想しては鼻血を出します。

 

男性に触れると蕁麻疹(じんましん)が出るほどの男性恐怖症。

男子のいたずらが原因だったようです。

 

ちなみに、その体質から少年が男性であることを知ります。

 

ひかり先輩も高身長(176cm)でした。

男性恐怖症と言う点も共通点ですが、

それだけではありません!

f:id:citrus_pepper13:20180714141446p:plain
アニメ「まりあ†ほりっく」の第1話から引用。

彼女の中学時代のあだ名は電柱です。

 

f:id:citrus_pepper13:20180714141928j:plain

ひかり先輩といえば、電柱は外せません。

LINEのスタンプにもなっているほどです。

 

高身長・男性恐怖症・電柱は「宮前 かなこ」からのネタ?ですね。

 

他の登場人物についても見てみましょう。

 

 

登場人物の名前が似ているような気がする

これに関しては、さくっと紹介!

 

f:id:citrus_pepper13:20180714144035j:plain

鼎 藤一郎(かなえ とういちろう)

「鼎」の一字で「かなえ」と読みます。

男性教諭で神父さんです。

 

「鼎」が瀬沢 かなえと一致しています。

 

 

 

f:id:citrus_pepper13:20180714144700p:plain

桐 奈々美(きり ななみ)

かなこのクラスメイトです。

理系が苦手で、読書好きのクールな眼鏡っ娘

 

結城 菜々美と「奈々美」で音が共通しています。

 

 

f:id:citrus_pepper13:20180714145401p:plain

桃井 サチ(ももい さち)

純粋で明るい性格で、皆に好かれている人物。

四次元ポケットみたいに、制服の左ポケットから色々な物を取り出します。

 

「サチ」が卯月 幸と一緒です。

 

 

男性恐怖症の「かなこ」、クールな眼鏡っ娘の「桐」、ドラえもん枠の「サチ」。

だいぶ流れが怪しくなってきましたが……

3人を知ってもらったところで、次に行きましょう。

 

 

ふ、不審者セットォ!?

f:id:citrus_pepper13:20180714150107j:plain
アニメ「まりあ†ほりっく」の第5話から引用。

 

桃井 サチがポケットから取り出した物。

それは「不審者セット」でした。

 

 

なぜそんな物を使うことになったのか?

 

それはアニメの第5話にて、

かなこが桐と仲良くなりたいとサチに相談するところから始まります。

 

お菓子をあげて、それをきっかけに話をしようと提案し、実行するも失敗。

 

次に、桐の教科書を一度隠し、教科書を見せるために机を近づける方法を考えます。

しかし抜き打ちテストのため、教科書が必要にならず断念。

 

そこで考えたのが……

サチが不審者に変装し、桐を襲って、そこをかなこが助ける方法です!

結局、サチの正体がバレてしまい台無しになります。

 

ここで使った物が先ほどの「不審者セット」です。

f:id:citrus_pepper13:20180714153247j:plain
イベント「浅野葉月の願いごと」のドレス[新たな特技?]

実に、よく似ている。

そんな気がします。

 

イベントドレスのため、第三幕と関係は無いのですが……

コートと帽子が似ているというだけで紹介しました。

非常に胡散臭いですね。

 

 

共通点をもうひとつだけ

それではラストです。

もっとも重要な共通点を紹介します。

 

 

アニメ「まりあ†ほりっく」2期のエンディングで、『どうにもとまらない』のカバーが使われています。

理解してもらえたでしょうか?

第三幕の元ネタは間違いなく、『どうにもとまらない』ですよね?

 

 

 

第四幕『マイフェアレディ』はこちら